THIS IS MY BLOG

prodused by MASAHIRO DAITOKU

​LIFE

勉強とは。

こんにちは。


今日は勉強について。



僕にとって

勉強って基本的にめんどくさいものです。



僕は中学受験で第2志望の市川学園中学に入って、

高校はそのままエスカレーターで市川高校へ。


大学受験で第3志望の中央大学へ。


一昨年は、

宅地建物取引士の国家試験に合格しました。


こう見ると

少しは頭よさそうに見えるかもしれません。


でもそんなことはありません。


そもそも

勉強ができる。

頭がいい。


は僕の中では全然違うもので。


僕は勉強はできる。

けど、

頭は良くない


と自己分析しています。


頭がいい人って、

例えば言われた数字を全部覚えれるっていう暗記力だったり、

ひらめきとか頭の回転が速い、

なぞなぞとかすぐ解けちゃったりする人のことを指すと思ってます。


それに対して、

勉強ができる。は文字のまま勉強できる人のこと。

要は時間を費やして勉強をする人。

頭がいい人ももちろんこれに当てはまる人もたくさんいると思いますが、

当てはまらない人もいると思います。


僕が思うすごくわかりやすい人が、

滝沢カレンさん


すごいバカキャラで、

わけわからない日本語たくさん言ってますが、


ちゃんとした日本語を勉強していないだけで、

人を四字熟語で即興でいうのとか見てて


この人頭の回転早いなぁなんて思ってます。

結構あの四字熟語たしかに。ってなるんですよね。

面白くて的確。



僕は頭よくないから、

たくさん勉強するしかないんですね。


とにかくやり続けるしかないんです。


やらなければ、

頭のいい人たちには勝てませんから必死です。


大学受験の時は、

塾の椅子にヒモでしばりつけてもらって、

飲み物と軽食を買っておいて勉強したりもしました。


受験が終わると

もうこんな勉強はしたくないと毎回思うわけです。




やはり勉強の理想は自分からすすんで学ぶこと。


知りたい!

この欲求でする勉強というのは質も量も苦なく増やせるものだと思います。


でも生きていく上でそんな欲求を常に持って勉強に取り組むことは難しい。

なんでだろう。


他にも数えきれない欲が存在するから、

例えば、

フットサルの試合の映像を見てても

眠気がすごいときもある。

睡眠欲に負けて仮眠をとることもある。


学びたい欲求<睡眠欲


なんですね。そのときは。


どうしたら学びたい欲求を増やせるか。


僕が思うに、

学びたいって思いを駆り立てる出来事があったときは自然と増えるんです。


例えば、

ポルトガル語の勉強をしたい。

けど、

毎日の勉強がめんどくさい。


僕ももちろんそう。


でも練習で、

監督にバーッて言われて理解できなくて、

試合に影響が出た。


そしたら僕は、

もっと勉強しなきゃってなるんです。


そしたらいつも以上に勉強する。


試合に出たい欲>めんどくささ


例えば、

ブラジルで好きな子ができた。

話しかけたい。

でもなにを話したらいいかわからない。


そんなときも勉強したい。しなきゃってなると思うんです。


好きな気持ち>めんどくささ


フットサルに関しても

試合に負けた。

ライバルが活躍している。


自分ももっとフットサルについて学ばなきゃ。


悔しさ>めんどくささ


ってこうなっていくわけですね。




こういう状況の時は

いつも以上に取り組むことができるし、

あまり苦ではないんですね。


でもその悔しい思いを理由に頑張るというのは、

悔しい思いをしなければいけないから、

これまた難しいんですね。


同じ悔しい思いを何回もすると、

それは学ぶ姿勢に関してもマイナスになると思いますし、


勝ち負けの世界ではなおさら悔しい思いばかりするのって、

良い部分ももちろんあるし、僕は悔しさを大事にしていますが、


負け続けていては困る世界ですから。


これまた「めんどくささ」というのは

中々の強敵でして、

倒すのが大変なのです。


うーん。

どうしたらもっと自分からすすんで学んでいけるだろうか。


こうブログに書きながら、

考えると、


先週の

「大徳の全てがここにある」

というタイトルのブログで日記について書いたのですが、


そこに今までの悔しかったことが数えきれないほど

書いてあるわけです。


あー最近学ぶ姿勢が甘いなとか

欲に負けているなって感じたら、


見返して、

そのときの悔しさを強く思い出す。


そうすると

少し姿勢が変わる。かな。


実際に悔しい思いをすることにはかなわないが、

やらなきゃ。やろう。って背中を押してくれる。



うん。

いやー、

そんなことしなくても、

悔しい気持ちに促されなくても、

いつでもすすんで学べる仙人になりたいです。


いつかそんな境地にいけるように地道にがんばろう。

Copyright © MD-Next CO.,LTD.All rights reserved.

​株式会社エムディーネクスト daitoku@md-next.com